僕は今TOEFLの対策をしています.そこで典型的な日本人がぶち当たる壁と言われるのが、、、ご存知の方も多いと思います.はい、スピーキングとライティングです. 僕もまさしくその中の一人として日々もがき、奮闘しています.(笑) 実はまだ一度も受験したことがないのですが、YouTube等のサイトでサンプルテストを受けた時に、公式受験するレベルには程遠いと痛感させられました.特にアウトプットスキルを要する2セクションが散々でした... 学校にアメリカ人のネイティブの先生がいるので、アポをとりIndependent Writingの添削を依頼してみました.そこで言われたのが、「君は単語や熟語に関しては勉強していることがよくわかる.けどこの場面でなぜこの単語をチョイスするのがわからない」でした.アメリカの人にとって僕の英語はSounds strangeだったんです. そこで、洋書を読んで英語のワードセンスを養おう!と思い、洋書を読み始めてみました.読むペースは和書と比較して多少落ちてもいいから、本の内容とワードセンス向上の一石二鳥を狙っています.まだ効果を実感するまでには至っていませんが、意識外で着々と身についていることを信じています!(笑) また、この進捗状況は随時報告したいと思います!今回は以上になります! ここまで読んでいただき、ありがとうございました.ではまた次回の投稿で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です