TOEFL iBTの申し込みをします!僕が初めて受けることもあって、せっかくだからみなさんと共有しながら申し込みをしてみようと思います.


まずTOEFL専用のアカウントを作成します.メールアドレスとパスワードを設定して、マイページに行くと以下のような画面が出てきます.


ここで、画面中央の”My Tests”欄に”Register for a Test”があると思います.それをクリックすると、

“Select Product Type”というページに移ります.ここでは2つのうちの上側、”TOEFL Test” を選択して”Continue” をクリックします.

すると、”Important Test Registration Information”というページに移ります.ここでは重要な注意(ブラウザの戻るボタンをクリックしないこと、ダブルクリックをしないことetc.)が記載されているので、よく読んでから下にスクロールします.


同じページの下部にはチェックを入れる箇所があり、細かいことがつらつらと書かれていますが、面倒なのでチェックをして次に進みます.

次は試験地の登録です.1.”Country Location”では国名、”Region”では地方を選択します.そして2.で受けたい日時をカレンダーマークをクリックして決めます.ここでは “Start Date”から”End Date”までの期間で受けられる試験会場を検索してくれます.

“Search”ボタンをクリックすると、会場がずらっと出てきます.(近畿地方では土曜日しか受け付けていないのですが、他の地域では土曜日以外でも受けられるのでしょうか?)そして受けたい会場をクリックします.

確認画面が出てくるので”Continue”をクリックします.

すると”Enter Identification Information”というページに移ります.ここで身分を証明できるもの(パスポート、自動車免許証、学生証etc.)の情報を入力します.僕は最も推奨されているパスポートで登録しました.※マイページにこのID情報を事前に登録しておくことができます.そうしておくと、このステップには時間をかけずに進めることができます.

次のページではスコアの通知方法の選択になります.オンライン上でスコアをみるのか、それとも郵送でも通知を希望するのかの二択ですね.あとで変更することもできますがその際は別途お金が発生するので注意が必要です.

次がとても大事なステップになりますね.大学や大学院への進学を目指している方はこのページで、希望する大学が指定しているシリアルコードを入力します.


シリアルコード入力を終えると、次のページではアンケートがあるので簡単に答えていきます.


次の”TOEFL Search Service”のページには何やら大学と個人学生とのコンタクトをとる代わりに連絡先等の個人情報を譲渡する必要があるそうです.少し前のページで希望する大学の番号を入力していますし、必要性をこの文面からはあまり感じられなかったので、今回は”No thanks”にしました.もしこのサービスがとても有用なものだったら、ぜひ教えて欲しいです!


ここまでくるともう少しです.このページはTOEFL受験するならこんな教材がありますよというお誘いのページです.必要があればここで購入することができます.


そして、次のページでは教材費も含む合計の金額が表示されます.あとは、支払い方法を選択して試験の登録は完了になります.


これであとは試験の日までに準備をして、本番に臨むのみになります.あ、パスポート等の身分証明書は必ず持っていかないと受験できないそうなので気をつけないといけませんね!よし頑張るぞー!

それではまた次回の投稿で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です